ダブルストロークのやり方と練習方法

練習

皆さんこんばんは。

最近快眠を求めて加湿器を購入し寝室に置いたが起床時に床がびしょびしょになっているのが気になって眠りが浅い
ヒデナリズムこと東秀也です。
高さがある所に置けば床は濡れないって書いてたのに!
何故!?
賢い人解決法をご教授お願いします!
さてそんな話は置いといて今日はブログを読んでくれている方からリクエストをいただきましたので今日はダブルストロークについて書いていきます。

スポンサーリンク

ダブルストロークとは?

ドラムをある程度続けている人は名前ぐらい聞いたことがあるのではないでしょうか?
色々な教則本や動画でで多く取り上げられているテクニックです。多く取り上げられているという事はそれだけ重要なテクニックという事ですね
ではダブルストロークとは一体どんなものなのか?
簡単に言うと
一振りで2発叩けたら2倍の速さで叩けるんじゃね?それって超楽じゃね
という感じです。
一振りで2打叩く事によりシングルでは難しい速さのフレーズも叩けるようになりリズムパターンの中で使う事でより細かなニュアンスを表現する事が出来るようになります。
ただそれだけ細かいスティックコントロールが必要になるので習得するのにもそれなりの練習時間がかかります
出来るようになりたい方はコツコツ継続して練習して下さいね
先ずは動画を見ていただきましょう。
こんな感じです。
何故かブログに張り付けると動きと音がずれてしまいました。
ご了承下さい。

ダブルストロークのやり方とコツ

では動きの説明です。
ダブルストロークもシングルストロークと同じで人によって少し動きが違います。
今から説明するのは私のやっている動きですのでご了承ください。

まず始めに親指と人差し指でスティックをつまむように持ちその2本の指で一発目を叩きそのままスティックをしっかり跳ね返らせます。
この時に親指と人差し指に力が入りすぎると跳ね返ってこないのと、やり始めの時は一発目に勢いがないとしっかり跳ね返ってこないので最初はある程度高いところから落とし勢いをつけて叩きましょう
そしてそれを残りの中指、薬指、小指の3本で(中指、薬指の2本でもかまいません)で握ってその勢いで叩きます(2発目の音量の方が大きくなるぐらいがちょうど良いです)。
この時に手首を使って2打目を叩かないよう注意して下さい
ゆっくりの時は多少手首も連動してしまうかもしれませんが手首をしっかり使ってしまうと一振りで2発叩く」という動きではなくなってしまいテンポが速くなった時に2打叩けなくなってしまいますので気をつけて下さい。
イメージですが中指、薬指、小指をじゃんけんのパーからグーにスティックが跳ね返って来たタイミングに合わせて切り替える感じです
利き腕が出来たら次は反対の手です。
反対の手は利き手より思い通りに動きません。
最初は一発目を叩いた後スティックが真っ直ぐ上がって来ないはずなので真っ直ぐ跳ね返らせるよう意識して下さい。
それが出来たら利き手と同じ動きになるよう練習して下さい。

ダブルストロークの練習方法

ではダブルストロークの練習方です。

他の練習同様最初はゆっくりから練習してもらった方が良いのですがテンポはゆっくりで最初の動きは上の3つの動画のようにできるだけ大げさな動きで練習してください。
ダブルストロークは何よりも正しい動きを体に覚えさせるのが重要です。
きっちりとした動きが出来ていない状態でテンポを上げても途中で詰まってしまいまたゆっくりなテンポからやり直す事になってしまいます
ですので最初はゆっくり大げさにやって動きをおぼえましょう
ある程度両方が均等に叩けるようになったらメトロノームに合わせて練習しましょう最初はBPM80の8分音符ぐらいから練習してもらった方が良いと思います。
さらにテンポがある程度上がってきたら1番上の動画のようにゆっくりから始めて徐々に加速していきましょう
そして自分の限界の速さまで到達したらそのまま速さをキープして下さい
そしてそのまま減速して始めの形に戻ります。
それを何度か繰り返します。
ダブルストロークはある程度の速さで出来ないと実際の演奏の中ではなかなか使えないのでBPM130~150の16部音符ぐらいでは頑張って出来るようになっておいた方が良いと思います
ダブルストロークを使ったフレーズ等については後日また書かせてもらいます。
今日はここまで!
読んでいただいてありがとうございます。
「こんな事も書いてほしい」「これってどういう意味? 」
等のリクエスト、質問がありましたらお気軽にコメント欄に投稿して下さいね。

コメント

  1. もりなが より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    リクエストに答えてくれて、ありがとう
    (*´∀`)
    やっぱりわかりやすい!
    すごく時間かかりそうやけど、日々の練習に取り入れてみたいと思います♪

タイトルとURLをコピーしました