トリプルストローク

ドラム画像練習

皆さんこんばんは。

先日とある店で店員さんから「お若く見えるので年齢の分かる物を見せていただけますか?」と言われたので免許証を見せると
「申し訳ありません!先輩!」
と知らない人からパイセン認定された
ヒデナリズムこと東秀也です。
自分がっつり三十代半ばっす。

今日は以前に書いたダブルストロークに続きリクエストをいただきましたのでトリプルストロークについて書いていきたいと思います。
スポンサーリンク

トリプルストロークとは?

さてトリプルストロークとは?
「一振りで3発叩けたら3倍の速さで叩けるんじゃね?それって超楽じゃね?」
という事です。
おや?どこかで見た感じですね。
そうです。
前回のダブルストロークでも同じ事を書きましたが
基本的な概念はダブルストロークと同じということです。
私の個人的な感覚ですがトリプルストロークはダブルストロークに比べて実際の演奏で使う頻度は少ないです。
ただこういったフレーズや
ハイハット1
こういったフレーズを
ハイハット3
速いテンポで叩くのに役立ちますし
なにより
スティックのコントロールを向上させるのに凄く効果があるので私は自身の練習台を使って行う練習メニューにトリプルストロークを取り入れています
まずトリプルストロークの叩き方は大きく分けて2種類に別れます。
ダブルストロークの真ん中にもうもう1打足すやり方
中指、薬指、小指でスティックを跳ねさせて3打叩くやり方です。
特徴としては先に書いた方が音量の変化を付けやすく後の方が音を均等にしやすいという事になります
が!
私のやり方は後の方なので前の方は下手です!笑
それでも今のところ特に困った事はないので好きな方だけできれば良いと私は思います。笑

トリプルストロークの動き

では1つ目の動きの説明です。
まず1打目を叩きますが2打目の準備のため跳ね返えさせ過ぎないよう注意が必要です。
そしてそのまま軽く2打目を叩きますがここも注意が必要で2打目を叩いた後は中指、薬指、小指を開いておく必要があります。
そしてその中指、薬指、小指を握った勢いで3打目を叩きます。
2打目を軽く叩いているため3打目のスティックを握るタイミングが難しくなるのでゆっくり練習して下さい。

トリプルストロークの動き2

ではもう1つの動きの説明です。
こちらはダブルストロークと同じ様に1打目を叩いた後中指、薬指、小指を開きスティックを跳ね返らせます
後は中指、薬指、小指(中指、薬指の2本でもかまいません)で勢いよくスティックを跳ね返らせ2、3打目を叩いてしまいます。
中指、薬指、小指でボールをつくようなイメージです。
ジャズのドラムで使われるレガートと呼ばれるリズムパターンを高速で演奏する際等はこの奏法を使います。

トリプルストロークの練習のポイント

トリプルストロークの練習方法ですが
他のテクニック同様ゆっくりから動きを確認しながら練習してみて下さい
その際の注意点は音のタイミングがきっちり3連符になっているか確認しながら練習するように気を付けてください
テンポを上げることに必死になってしまうとタイミングが崩れてしまいがちになるので注意しましょう
メトロノームを使って両手共に均等に出来るように練習しましょう
そして叩けるテンポが上がってきたらダブルストローク同様加速させていき限界の速さでしばらくキープしてから減速するという練習が効果的です
トリプルストロークは難しいテクニックですがある程度の速さまで叩けるようになるとスティックをコントロールする能力がかなり向上しますので興味がある方はじっくりやってみてください。
では今日はここまで!
最後まで読んでいただいてありがとうございます!
ドラムに関する質問やリクエスト等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

コメント

  1. もりなが より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    トリプル、私にはまだまだ先のことだろうと思いつつ、恐いもの見たさでリクエストしてみましたが、スティックコントロールがうまくなるなら、やってみようかな、と思いました(*´-`)♪ありがとう**

タイトルとURLをコピーしました