ドラムを使わない練習法

サムネイルドラム画像練習

皆さんこんばんは。

 
先日のレッスンの際に
私「音楽やってる人で変わっている人っているからな~」
生徒「そうですよね~先生も変わってますもんね♪」
私「!?」
 
 
と不意討ちでディスられた
 
 
 
 
 
 
ヒデナリズムこと東秀也です
 
私は変わってはいません!笑
 
 
さて今日はドラムを使わずできる練習について書こうと思います。

 
私の所にレッスンを受けに来てくれている方に限らず仕事をしながら仕事帰りや休日にドラムを楽しむという方は多いと思います
 
そういう方と話していると「練習する時間がない」「仕事が終わった後にスティックを持つ元気がない」という声をよく耳にします
 
それはそうでしょう!
 
朝から晩まで頑張って働いて疲れて帰った人にそれからまだ練習台を叩きなさいとは私には言えません。
 
そこでスティックを持たずにできる練習について書こうと思います
スポンサーリンク

ドラムを使わずできる練習1

 
 
1つ目はズバリ音楽を聴く事!
 
「えっ?何それ?音楽いつも聴いてるけど」
という風に皆さん思われると思います。
 
大事なのは
 
どういう聴き方をしているか
です。
 
まずドラムの練習ですからドラムはどんなリズムパターンを叩 いているのか?どんなフィルインを叩いているのか?
 
という部分を聴いて抜き出してみましょう。
初めてやってみるとどの音がドラムなのかもわからないでしょう。
そこでめげずに耳を傾け続けるとなんとなくでもドラムの音が聞き取れるようになっていきます
 
ドラムの音を聴きとる事で自分でリズムやフィルインを抜き出して演奏出来るようにする通称耳コピの練習になるのでドラムを続けていくうえで非常に役に立ちます。
 
またドラム以外の楽器に耳を傾ける事も大事です。
 
ドラムは他の楽器との兼ね合いが非常に重要な楽器です
 
ベースがこう弾いているからバスドラムをこのパターンで踏んでいる」
「ギターがこう弾いているからここにシンバルが入っている」
「ボーカルが抑えて歌っているから少し大人しくプレイしている」
 
等、他の楽器や歌との関係性を意識して音楽を聴く事によって自分が演奏する際にも他の楽器の演奏に意識がいくようになり演奏に厚みが出たり安定感が増します
 
これなら電車等での移動中やちょっとした休憩中でも出来ると思います

ドラムを使わずできる練習2

2つ目は

猫パンチ練習法」です!笑   えっ?名前がふざけている?

大丈夫です。
内容はいたって真面目です。  

まずは手をネコパンチの形にします。
ネコパンチというよりはサバンナ八木さんの「世界で1番細いグー」という一発ギャグの手の形が1番良いですね笑(皆は知っているかな?)。

こんな感じです。

  そしてその形のまま手を下ろし太ももに置きます

後は手首を太ももにつけたまま手を上下します

第1間接で太ももを叩く感じです。

この時に手首は太ももに固定したままでやるよう注意して下さい。  

やってみるとこんな感じです。

  シュールな動画ですね笑。  

この練習をする事で手首を鍛え柔らかく動くようにする事ができます

肘から手首にかけて疲れてきたら効果があるという事です。

地味な動きですが最初はなかなかキツいと思います。  

ちなみにこの練習は立っても可能です。

立ってやる際は太ももの外側に手を置いてやってみて下さい。  

そして慣れてきたら左右2回ずつ叩くやり方もやってみましょう。  

 ドラムを使わずできる足の練習

3つ目は

逆貧乏揺すり練習法」です。

えっ?名前がふざけている?  
大丈夫です。内容はいたって真面目です。  

これは足の練習になります。

やり方は簡単です。  

イスに座りかかとを地面につけたままつま先のみを上下すだけです。

ドラムをある程度している方たちにはヒールダウンの踏み方をするだけと伝えたほうが分かりやすいかもしれませんね。  

慣れないうちはすぐにスネの部分が痛くなるはずです。  

この練習によってスネの筋肉を鍛え足首を柔らかく使えるようにする事ができます。 右足と同じように左足もやりましょう。  

    手の練習と同じ様に慣れてきたら2回ずつもやってみましょう。  

この練習で注意が必要なのは会社や学校等の硬い床でやるとカツカツ音が鳴ってしまうのですぐに注意されます!笑  

そういう場合靴やスリッパを脱ぐもしくは靴やスリッパの上に足を置いてやれば音は出ませんのでやってみて下さい。  

という風にいくつかドラムを使わない(というかスティックを使わないですね)練習法を書いてきましたが1番重要な事は自分で考え工夫する事ですから皆さんも工夫して練習してみて下さい。  

では今日はここまで!!
最後まで読んでいただいてありがとうございました!!
ドラムに関する質問やリクエスト等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました