ロールの種類とやり方

ドラム画像練習

皆さんこんばんは。

 
なかなか大変な事態になってしまっていますね。
色々思う事、考える事もありますが引きこもり気味のこの際に家でめっちゃパッド練習してやろうと思っています!
 
皆さんも暗い気持ちを吹き飛ばすためにも楽しくドラムを演奏していきましょう!
 
では今日はありがたい事にリクエストをいただいたのでロールについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ロールとは?

 
さてロールとは一体何か?
という話ですが
 
基本的にスネアドラムで演奏されるテクニックの名称です。
ロールにはオープンロールクローズドロールの2種類があるので順番に説明していきたいと思います。
 

オープンロール

ではまずオープンロールから説明していきたいと思います。
 
オープンロールとは
 
ズバリ!!
 
ダブルストロークを速く叩くだけです!!笑
 
 
だけと言ってしまいましたがこれがなかなか大変なんですけどね!
実際にやってみるとこんな感じです。
 
 
 
ロールの叩き始めはスティックが高くまて上がってしまうと音の粒が揃いにくくなり綺麗に聴こえなくるので出来るだけスティックは低く連打出来るように練習しましょう。
 

クローズドロール

では次はクローズドロールを説明していきましょう。
 
クローズドロールは別名バズロールプレスロールという呼び方もします
色々なイベントで賞の発表の時等にザーッと鳴っているあの音がクローズドロールです。
 
実際にやってみるとこんな感じです。
 
 
 
クローズドロールを演奏する際はまず人差し指と親指だけでスティックを握ります
 
そしてその2本を強めに握った状態でスネアドラムを叩きスティックを弾ませます
 
 
そしてそれを両手で行います。
 
私の個人的な感覚だとロールに聴こえさせるためには片手で4、5発は弾ませる必要があると思います
両手が均等に弾むようになってきたらテンポを速くしていきましょう
 
スネアドラムの端の方がよく弾むのでまずは端で練習する方が良いと思います。
 
どちらのロールもドラムセットに応用して使う事が出来るので是非両方出来るように練習しましょう
 
次回はこのロールを実際にドラムセットに応用してみましょう。
 
では今日はここまで!
最後まで読んでいただいてありがとうございました!
ドラムに関する質問やリクエスト等ありましたらお気軽にお問い合わせください。
 
 
 
 
 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました