練習台

ドラム画像情報

皆さんこんばんは。

ヒデナリズムこと東秀也です。
以前のブログから引っ越してきた際に何個か投稿が消えていたのでそういったものについては新しく書いていこうかと思います。
レッスンの際ドラムを始めたばかりの生徒さんからよく「スティックの他に買った方がいい物はありますか?」
とよく尋ねられます。

 
私はそこで練習台と答えています。
 
ということで今回は練習台について書いていこうと思います。
 
スポンサーリンク

ドラムの練習台とは?

 
まずドラムの練習台とはこのような物や
 

こうような物です。

木や金属の板の上にゴムが被せてある物やメッシュ素材で出来ている物など色々な種類の物が売られています。

打面がゴムやメッシュで出来ているため基本的に音は出ないようになっています(ゴム等を叩くのでそれなりの打音は出ますが)

練習台を使うメリット

では練習台は必要なのでしょうか?
これに関しては意見が別れる所だと思います。

「練習台なんかいらねえ」と言うドラマーの方もいらっしゃるかと思いますが私は必要だと思っています。

私の思う練習台の利点について少し書いてみましょう
 
  • 両手を均等に鍛える事が出来る!
  • 場所を選ばずに練習する事が出来る!
  • 値段が安い!
では順番に説明していきましょう。
 

まずは

両手が均等に鍛えられる

という点です。

皆さんドラムセットに座ったらリズムや曲の練習をしませんか?
大体の方がそうしますよね?

それがいけないわけではありませんがドラムセットでの練習は利き腕でリードして行う動きが大半になります

ですのでそういった練習だけしていると利き腕の反対の腕が付いていかなくなってきます。
 
速い曲等でリズムは叩けるけどフィルインで詰まってしまったりするのはこれが原因のことが多いですね。
 
練習台での練習は両手を同じ様に動かさなければいけないものが多いので両手を均等に鍛えるということにつながります

では次に

場所を選ばず練習できる

という点です。

ドラムをやっていて困る事の一つに練習場所の確保があると思います。
本物のドラムセットで練習するためにはお金を払ってレンタルスタジオまで行かなくてなりません。

本物のドラムセットが家にあれば言うことはないのですがドラムセットが置けるような環境の方はなかなかいないと思います。

最近では高性能で値段も手ごろな電子ドラムも増えているのでそれを使って家で練習される方も増えましたが電子ドラムも意外と振動が激しかったりするので昼間だけに練習時間が限られたりするものです

その点練習台は練習台のみで練習できます。
またスタンドから打面のみを外す事が出来るタイプの物も多く打面のみ持ち運んでどこでも練習することが可能です

次は

値段が安い

という点です。

これに関しては書いた通りですね。笑

練習台は5千円~1万円もあれば気にいった物を買うことができると思います

当然電子ドラムより遥かに安価ですから特に初心者の方にはまず練習台を購入し自宅では練習台で練習してもらいレッスンや個人練習でドラムセットに触れてもらって本当に必要になってから電子ドラムを購入するよう私は勧めています。

それによりしっかり基礎的な動きを身につけてから電子ドラムを購入するかどうか検討するので購入したのにあまり使わなかったということがなくなります

と私の思うメリットを書いてきましたがデメリットもあると感じています。

練習台のデメリット

  • 打音が意外に大きい
  • 楽しくない

というところかなと思います。

まずは

打音が大きい

練習台はドラムを叩くのと比べると音は静かですがゴム等を叩く打音が意外と大きいものです。
また叩いた際に生じる振動も電子ドラムほどではないですがあります
一軒家でしたら大丈夫だと思いますがマンション等では打音や振動が近隣の迷惑にならないように注意が必要です。

楽しくない

これが一番のデメリットではないでしょうか。笑

練習台はゴム等を叩くわけですからドラムのように心が躍る音が出るわけでないのでただボーっと叩いているとすぐに飽きてしまうことになります。

ですので好きな曲にあわせて叩いたり「テンポ150まで叩けるようになる!」等の目標を設定するなどモチベーションを下げない工夫が重要になります

私自身もドラムセットで練習する前にできるだけ練習台での練習を取り入れています。
練習台での練習方法は後日書かせてもらおうと思います。
「ドラムが上手くなりたい」という方は是非練習台を利用していきましょう


では今日はここまで!!
最後まで読んでいただいてありがとうございます!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました